スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛はアマゾン川より深く

人の手の届かないところで育まれた

さかなたちの愛の物語

あれから数日後の感動と涙のドラマを




愛の結晶は

見事卵から孵り、親魚の周りを泳ぐ微笑ましい姿を見せてくれました

初めての、感動的な、シクリッドの稚魚

027_convert_20140401194601.jpg

数ミリの稚魚は100匹を越していたでしょうか

ひと時たりとも親の傍から離れない子供たち



愛のかたち

しかしそれは、少し歪なかたちでもあったのです

029_convert_20140401194621.jpg

ときに親は、稚魚を食べている

口に咥えるだけなら、餌も食べないものです

しかし親は餌もしっかり食べていたのです



このままでは折角の稚魚が食べられてしまうのではないか

わたしは、親だけ隔離部屋から出す決心をしました

そして、元の大海原に再び放たれた親

004_convert_20140401194503.jpg

物悲しそうに隔離部屋に視線を送るレッドジュエル

このあと、親はセパレーターに何度も突進を繰り返していました



翌日



わたしは、稚魚の様子を見ようとセパレーターの向こうを覗きました

006_convert_20140401194526.jpg

なんだか厭な予感がしていたのは何故か、自分でもわかりません

何度も、何度も、稚魚を、探しました

何度探しても



一匹たりとも、いなくなっていたのです

             007_convert_20140401194422.jpg

きっと

親と離れ離れになった稚魚たちは

決死の思いでセパレーターの小さな穴から脱出し

その先は、きっと予想できる最悪の結末なのかもしれません




人のそれよりも、さかなの愛情のほうが深いことを知りました

人間の手で稚魚を育てたい

それは叶わぬ結果となってしまったのです

008_convert_20140401200148.jpg

稚魚のために用意した冷凍ブラインシュリンプ

一度も封を切ることなく

その冷たさが、わたしの手と、心に刺さります




きっとまたいつの日か!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
今宵もご覧いただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメント

No title

 いやぁ〜〜〜

 なんと悲しい結末・・・
 子は親を追いかけますからね。


 一度産卵したシクリッドのペアは子を失うと割と短い周期で次の産卵をするらしいですよ。
 アフシクもそうなのかは知りませんが・・・

 産卵、孵化に成功したペアを今一度隔離槽へ移してみたらどうでしょう?

まさかの展開…残念です。

これが自然の性なのか。

親になるとは難しいものですね。

No title

嫌じゃ〜
悲しい結末じゃ〜
エイプリルフールだからウソって言ってぇぇ!!

No title

あー
欲しかったのにー
大きく育ててくれると期待してたのにー
見事に期待通りにやらかしたーw

喫茶店は今改装中なのよ。
水槽残してくれてるかな????

‼︎悲しすぎるぜぇ、、、、
いや‼︎男は泣いちゃいけネェ
涙なんで人前に見せられるかよ、、、

うぇうぅ〜

今回の事を次に生かしてくだせぇ、、orz

No title

そ・・れ・・・、
そこのところ、
実は内心 ちょっと気になっていたんです。。

セパレーターの隙間から稚魚が抜け出しはしないかと。。

ああ・・・
残念でしたね


でも、何より・・・
レッドジュエルは教えてくれましたよね

子孫を残そうとする本能は
魚といえども 思いもよらぬ行動を引き起こすものだと。

ちっぷさんだって、
まさかオスカーの為の隔離部屋に
レッドジュエルがふたりして以心伝心、共にダイブするなど思いもつかなかった
でしょ?

ちゃんと目的を持った共同作業ですよね
人が設置したセパレーターという道具を
自分達の安全な繁殖の為に利用した
そこ・・ひどく感心しました


食べられても、親に寄り添うしかすべのない子が・・ふびん
きっと親も、自然界では立派にマウスブリードするのでしょうね


稚魚の餌は、うちもたっぷり余りました
・・ともに泣きましょう
・・いつかまた 稚魚とこんにちは~




No title

あぁ・・・・あれだけ生き生きとしていた目たちが・・・
こっちも梅雨まで、もたなかったんだね・・・

私はぜんぜん知らないけど
レッドジュエルってマウスブルーダーなの??
最初っから稚魚を食べる気満々で産んだのかもよ?
エサちゃんとやってる??

でもたぶんまたすぐ隙をみて産むだろうと思うから
次回はサテライトに好きなだけ稚魚を隔離して!

No title

あ~エイプリルフールネタだったのか~良かった良かった♪
だまされるところだったよ…え"!?マジネタ?…(-_-;

そうか残念だったですね。
親を離したところまでは良かったもののセパレータじゃぁ穴から出てっちゃうよね。
やっぱり隔離用の120cm水槽を用意した方が良かったんじゃないかな。
うん。絶対そう!
#たぶん隔離ネット(L)で十分だと思うけど(^^;

ちなみにググったら「レッドジュエルは卵や稚魚を食べることは無い」って書いてあるところがあったんだけど親が食べた訳じゃないのでは…あ、でも食べちゃってるの見てるんだっけ?
これデマなのかな(-_-?



ブラインベビーは他のお魚ちゃんに食べさせてあげて(はぁと)

No title

なんという物語。

しかも、なんて素早い展開!

あわわしか言えませんよwww

親と子の絆はセパレーター1枚なんてへっちゃらなんですな~。

これを糧に、ちっぷさん次だ! 次、行こう!!

ちなみに産卵してどれくらいで孵化したの?

No title

こんばんは~
どうやらボンちゃんは、その子供を狙ってたみたいですね(笑)
それにしても、悲劇が待ってましたか・・・。
もしかすると、多すぎる子供を選別して育てる子供を減らしてたのかも・・・。
で、仕切られていよいよ無理だと判断して隙間から出てくる稚魚をパクパクと・・・。

いかん・・・。

なんか暗いコメントに 汗

・・・。

えーと・・・。

・・・。

次は100は無理でも50くらい立派に育てて!!

・・・。

そして関西訪問はもう少し待って!!

くっ‥‥これは、悲しい結末‥
しかも展開が早い!!
つぎ、稚魚が産まれたら
稚魚のほうを隔離して下さい‥(>.<)

あまりのショックに
今回は普通コメント‥!

のっけうしさん♪

残念な結果になっちゃった・・
やっぱり親子の愛は深かったです

あれから親の二匹は相変わらず仲が良さそうなので
また機会を見つけて隔離しようかな♪

レッドジュエルは全部で3匹いてね、
前は自分たちで勝手に隔離部屋に飛び込んでくれたけど
どの二匹がペアが間違えて掬いそうで・・
それが一番心配w

KYO´sアクアリウムさん♪

親と子供たちを隔離したのが失敗だった・・かも

やっぱり自然の性に逆らったらダメということですね

これを教訓に立派な親になれるように?!また頑張ります!

No title

稚魚残念でしたね。。
しかしまだ産卵するはずです!
次を期待しています!

やっぱり120㎝水槽が必要かも・・・?www

No title

 それなら3匹一緒に隔離して、その後のけ者にされる1匹を戻せばオKだと思いますよ。

Honeyjapanさん♪

今どきエイプリルフールの記事は
ハニちゃんところで満喫したよ~w

ホントの結末じゃ~~
残念無念・・
でもきっとまたいつの日か!

ボンさん♪

期待通りやろ~~orz

こそっとうまく育ててやる!って思ってたのに・・
え?欲しかった?
ますますおちょぼが裸になるけどいいの?w

喫茶店www
ホントにあるんや

僕もそこに行きたいwww

Beeeマルさん♪

悲しいよぉ~・・

親と離さずそのままだったら
もしかしてもうちょっとは生き残ったのかも~・・・

僕のせい、だからBeeeマルさん泣かないで~w

次に活かすよ!ぜったい!<(`^´)>

ゆみさん♪

そうだよね・・
ゆみさんも気になってたか・・

セパレーターの穴から抜けれる大きさの稚魚だけど
さかなってそういう狭いところは通らないよね?と
わけのわからない勝手な理由で信じ込んでたよ・・

でも今回の件は、ゆみさんの言うように
さかなから色々教えてもらったような気がするよ

まさかセパレーターを飛び越えて愛する二人が・・なんて思ってなかった
そして、親と子の愛を人間の手で引き裂いたことは深く反省
親に食べられるのも自然の摂理?と思うと悲しい・・

アマゾン川とか言っておきながら
やっぱり自然には敵わないね・・

稚魚の餌はテトラの餌にでも?w
来たるべきコリちゃんにも??

ゆきこむさん♪

生きてた目が!・・・
死んでなかったあの目たちが今はもう・・

こっちも梅雨まで・・って
あっちもやっぱり梅雨までもたないの?w

レッドジュエルはマウスブルーダーだと思うんだけど・・
だから口に咥えても大丈夫♪と思ってたんだけど
一向に口の中から出てこないから
こりゃ食っとる!と思って隔離しちゃった
餌は残すほどやってるよ~

ゆきちゃんは上手にブリードしたもんね
今度こそ

負けない!

うりぼうさん♪

僕もうりぼうさんみたいに上手に騙したかったw
でもガチネタだよ~・・

ひゃ!120水槽用意!?
またそんなこと言う!w

親と一緒のときは親の周りで泳いでたから大丈夫だったんだけど
離したらやっぱりセパレーターから出ちゃった・・(と思う)
だから今度産卵することがあったら隔離ネット買うね!

え?ググってくれたの?ありがとう!
でも稚魚を食べてたよ?w
夢??
口に咥えてただけなのかなぁ・・

ブラインベビーは小さい塊(冷凍)のままシクリッド水槽に入れたら
一口で食べられたよ~
なんか勿体ない!w

はんぞうさん♪

ホント、あっという間の物語だよねw
自分でもそう思う

もうちょっと稚魚を見たかったなぁ

孵化はね、
産卵して3日ぐらいで孵化して、すぐには泳げず底でごろごろ動いてて、
その後2日ぐらいで泳ぎだしたよ~

はぁ~・・可愛かったなぁ・・

次?!
い!行くよ!逝くよ!
次のネタ考える!!w

セージさん♪

僕が畑ならボンは喫茶店!

いらなくなったら喫茶店に持っていかれるけど
ホントに欲しかったのかなぁw

でもね、まじで親は結局パクパク食べたんだと思う・・
もしくはセパレーターから出たら大きなシクリッドがいっぱいいるから
そんなの格好のエサだよね・・

いかんいかん・・結局暗いコメントに。。

次は50育てて
セーチャンに30あげようか?
L1で弱肉強食♪見たいな~~~

レッドジュエルだけになるよ?
ホントに殖えたら、


ホントに貰って!!
もうブラックネオンのことは言わないから!

golgo1300さん♪

ショックだよ~・・

自分でも展開が早いと思った
そうそう、もし今度こういう機会があったら
今度は稚魚を隔離しないとね・・

頑張ります!

・・僕も普通コメント返し!w

Raiさん♪

一回産卵したらやっぱりまた産卵してくれるかな?
それを期待して・・
120㎝水槽をもうひとt・・・

なわけはない!
お金も置く場所も全然ないよ!w

のっけうしさん♪

なんと!

3匹隔離してのけ者を戻すとな!
目からウロコ!
そんなことにも気付かなかったよ~w

ありがとう(^^)

No title

稚魚からしてみれば、小さな親切、大きな世話というやつですね・・・。

確かに親が稚魚を食べてしまうことはよくあります。

フラワーホーンとパロットを飼っていた時も、稚魚が全滅した!ガビーン!なんてよくありました。

稚魚全滅はショックですね・・・。その気持ち、本当に分かります・・・。

考えたら人の子がかなりの確率で成長していくことも大きな奇跡ですよね。結末は寂しいものでしたが、ちっぷさんの優しい想いが伝わってきました。

tarochinさん♪

まさにtarochinさんの言う通り!!

とっても大きなお世話だったようですw

稚魚って沢山産まれるから、逆に、全部大きくなったらどうしよう♪
なんて心配をしてたのに~~

全滅はガビーン!だけどまた頑張る!!
(それが大きなお世話?)

くまたんさん♪

優しい思いが伝わった?
よかったw

死んだら畑だけど(小声)

人の子が育つのはまさに奇跡かもしれないね!
さかなの子も奇跡を起こせるように頑張るね!?
非公開コメント
プロフィール

ちっぷ

Author:ちっぷ
さかなが触れないくせにさかなを飼い続けるおっさん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来てくれてありがとう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。