スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘伝の写真テクニック

アクアリウムの写真って難しい

009_convert_20130731203033.jpg

触手を伸ばしたソフトクリーム
せいぜい止まってるものなら簡単だ



水草はどうか


パールグラスが一本だけ横に這い始めている、嬉しい構図

008_convert_20130730234751.jpg

このまま横に這い続けてくれたら、それは緑の絨毯に

でも、

なんだか伝わらない

もっともっとこの世界を表現したい



水草の上にちょこんと乗る可愛い海老の子供
大きく写したくて、近づいて写真を撮ってみる

024_convert_20130730235423.jpg

地獄たんぽぽが写る

近づかなきゃ見えないのに、憎き黒髭



そうだ!
もっと水槽から離れて撮ればいいかもしれない
全体像で臨場感を出すべきなのだ



水槽の前で四つん這いになって撮ってみる

019_convert_20130730235029.jpg

ザ・天井・・・

80年代調の素敵な模様が写るのがせいぜい関の山



構図って難しい


そうか!
もう少しだけ近づけばなんとかなるかもしれない
もう一歩・・もう一歩・・!

018_convert_20130730234950.jpg

よし!!

水面が曇っているような気がするが
斜め構図的にはサイズはいいかもしれない

今夜はこの写真でブログに載せよう
我ながらなかなかの臨場感が出せた


うっとりと眺めるわたしの目に飛び込んできた驚きの光景



自由民○党本部にさかなが!!

023_convert_20130730234442.jpg

ハリウッドも驚く天変地異! 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


アクアリウムを上手く写真に撮る秘伝のコツ

せめて、テレビ消そうね




ぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

最強のハンタースペシャル

それはそれはプニプニふわふわ

指圧よろしくたまに押してやると
 まんざらでもない顔をしている

012_convert_20130728222612.jpg

しかし
肉球を押すと、それはそれは鋭い爪が顔を出す



狩猟という本能



ぐっと目を見開き
 一点を見つめる凛々しい姿

011_convert_20130728222220.jpg

「あの飛来する虫を!・・・」

獲物を狙うかっと見開かれた両の目
猫がハンターたる所以の、鋭い表情である



しかし

すぐに獲物を見失う



そりゃソファの上から動かなければ
虫もどっか行く

011_convert_20130728222457.jpg

「ふい~・・
  今日の狩りは終了!」



俊敏にハントする猫をカメラにおさめようと待ち構えていたわたしが馬鹿でした


貫禄の魅惑ボディあらわにして
 仰向けになる、怠惰な猫


実はまだ一歳・・・




ぎゅっぎゅっ・・
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます♪

追憶のアクアリウム

今日はなんだか様子がおかしい


どこかから紛れこんだ浮き草

いつもなら水に流されて水面をダンスしているのに

ある一箇所にとどまっている

よく近づいて見てみると・・・

016_convert_20130725184806.jpg

大量の泡!!

これは水質悪化のサインであることは言うまでもない

昨日まで輝いていたのに、なにが原因なのか

ふと目に留まる、寄りそう貝

006_convert_20130725185210.jpg

心中した・・・

キラースネールが二匹寄りそって旅立ってしまったのかもしれない

貝には可哀想なことをしたが
貝が死ぬと途端に水が痛む

きっとそれが原因で、泡が大量に発生したに違いない



この傷んだ水をすぐに入れ替えなくては
取り返しのつかないことになるかもしれない

水面を中心にコップですくい取る

004_convert_20130725184614.jpg

このあと面倒くさくなって結局シュポシュポで大量に抜いた



ぴちゃぴちゃという音に誘われて猫が邪魔をしにくる

015_convert_20130725184740.jpg

海老を一匹抜いてしまったことを教えてくれた



そのあとフレッシュウォーターをたっぷり入れて
見事に泡は消えた

019_convert_20130725215029.jpg

くるくると楽しそうにダンスをする小さな浮き草たち

これでひとまず安心である
念のため明日も少しだけ水を換えよう



綺麗な気泡を付ける水草を見て
ふと記憶が甦る・・・

018_convert_20130725215009.jpg

昨日死ぬほど餌を入れたんだった・・・
(手が滑って)

水面を覆い尽くさんばかりの粉餌、
ティッシュに張り付いて回収できるかも?と水面にふわりと乗せたが最後、

大雪のように水中を待った粉餌でした


(貝はこのあと無事、それぞれの道を歩み始めました)




ぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます!

思い通りにならぬ恋


先日トリミングをした第四アマゾン川

たくさんの海老たちが万華鏡のように輝く世界


わたしが初めて飼った色つき海老は
レッドチェリーシュリンプでした


一年以上かけて、世代交代を繰り返してきました



まだ幼さの残るこの海老は
 これからどんどん赤く色づいていくことでしょう

012_convert_20130723211943.jpg

もしも、このままの体色だったとしたら

いちごタイガーシュリンプとして、チビっこたちの人気の的になることでしょう



叶う夢と、叶わぬ願い

叶わないことが多いから夢は面白いのかもしれません



みんな大好き黄色い海老

022_convert_20130723212908.jpg

なんだか透明感がなくなっています
もしかして脱皮前なのでしょうか

きっとまたわたしは決定的瞬間を逃してしまうかもしれません



こちらはクリアーオレンジな海老

021_convert_20130723212554.jpg

世代交代を重ねても、素直に育てばこんな綺麗な色を魅せてくれるのです


飼い主の思うように純血に育つこともあれば
かけ合わせたかのような悪戯なボディを見に纏う海老もいるのです



あまりにイタズラな深海の使者

014_convert_20130723211812.jpg

ダイオウグソクムシでしょうか?


ぬいぐるみ完売!で有名なあのグソクムシがついにこの水槽でも勝手に誕生したようです

餌を食べなかったら本物かもしれません



生き物を育てること、それは

思い通りにならないから

やめられないのでしょう、きっと♪


(グソクムシになるとは聞いとらん)




いつもありがとうございます♪
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

ないものねだりのマニフェスト

CO2を添加してから、水草がぐいぐい伸びることは嬉しい
 
でも伸び過ぎるとこうなる

040_convert_20130721202716.jpg

ボーボー警報発令中


鬱蒼と茂る水草に覆われて、さかなも何処へ行ったことやら


どげんかせんといかん!



水をたっぷり抜いて水草を切ってみる

032_convert_20130721203001.jpg

ひたひたのテラリウム的なものも悪くないと思う



今日は気合を入れてたっぷり切ってやった

無心になってハサミを入れた

031_convert_20130721202939.jpg

どっさり切ったみどりが美しい

新しく伸びた綺麗な新芽

男らしく、畑に捨てた



そしてテラリウムに雨が降る

033_convert_20130721203023.jpg

夏のスコールで満たされてゆくアマゾン川

29度だった水温は、26度まで急速冷却

みどりの茂みに覆われていた水槽は
トリミングによってきっとスッキリした、と自分に言い聞かす



刈り込み直前ショット

041_convert_20130721203127.jpg

あそこをこう切って・・

ここをこう揃えて・・・

ここがこうなるように・・・



そして、こうなった

038_convert_20130721202909.jpg

そもそも謎めくレイアウト・・・


水草をイメージ通りに育てるって難しい


枯れるなら枯れるで水草は難しいと言う

伸びるなら伸びるでトリミングが大変と言う


命あるもの、思い通りになんていくわけない

・・・けどいかせたいのであります!

いつの日か・・



ぽちっと一票を!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます

薄味レシピ~仕上げに柑橘を~

先週の猛暑も落ち着き、水温は27度で推移

久しぶりに海老と小魚のいる第四アマゾン川を覗いてみることに


004_convert_20130718220638.jpg


ボララス潜水艦で探索に出発



エルニーニョ現象で水温が上がり続けた水の世界

激減したと思われていた赤い海老を葉の上で発見

012_convert_20130718222256.jpg

色がスカス・・・

しかし次世代のたまごを抱えている
次は何色の海老が生まれてくるのか、期待は膨らむ
(きっとさらにカスカス)



潜水艦はさらに水の奥深くへ

010_convert_20130718221629.jpg

オレンジルリー??!

チャーム図鑑でしか見たことのなかった海老がここに


買ったことがはあるはずもないオレンジルリーシュリンプ
またしても新種を生み出すことが出来たかもしれない、奇跡の世界



潜水艦はさらに近づこうと寄る

011_convert_20130718221646.jpg

身を隠すかのように水草の陰に消えた幻の真実


ここは、一度見つけても次にいつ出会えるかわからない
神秘の世界



そして、
すべて絶滅したと思われていたイエローシュリンプを発見した
いや、これはオレンジシュリンプかもしれない

世代交代を重ねた結果、透けるような柑橘系のボディを見に纏ったシュリンプ

005_convert_20130718221707.jpg

・・・・・

まったくもって動かず!


いた♪いた♪と撮影するも、その後15分以上経った今も
1ミリも動いていない、置き物・・・



生きて!




いつもありがとうございます!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

ハイターの海で泳ぎたい

こんなに汚れちゃって・・・

027_convert_20130716205911.jpg

コケに蝕まれ、茶色くなった水草をすべて撤去した


どうして水草にはコケが生えるのか?

生えてしまったコケを一発で消しさる方法があるのなら知りたい

実験してみることにする



小さなキャップになみなみと注ぎ入れたハイター

029_convert_20130716205828.jpg

おしげもなく投入


水草に漂白剤を使うこと
それは許されるのか?


白濁する水の中でじっと「その時」を待つ水草たち
部屋がプールのような懐かしい匂いに充満された

だからわたしはこのあと軒下にバケツを置いた

009_convert_20130716215212.jpg

そのまま2日間、漂白中ということをすっかり忘れていた・・


真夏の日差しに誘われてウキウキお出かけしていた週末

ハイター浸けされたままの水草
真っ白になっているかもしれない・・



恐る恐るバケツを覗いてみる

009_convert_20130716204332.jpg

ハイター大好き!

浸けておく、ということだけで輝きを取り戻した水草たち



このあと人生二度目のコントラコロインで漂白成分を流し
水槽に再び投入


こんなことが出来るのは
 第一アマゾン川だけの秘密

038_convert_20130716214657.jpg

もちろん造花だからこそ

もちろん第一アマゾン川だからこそ

ハイターに2日間も浸けっぱなし、なのに、コントラころころはたったの30分



ハイター大好き、コントラころも気にいった


044_convert_20130716214727.jpg

「ワイはここの飼い主は気にいらん!」



「食べるコケがなくなった・・」

040_convert_20130716214512.jpg


綺麗になった水槽に、
 さかなたちも大いに喜んでいるようである





いつもありがとうございます♪
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

史上最大のスマイル

力の続く限り

命の続く限り

史上最大に大きな水の入ったビニール袋を持って帰ってきた

020_convert_20130713224807.jpg

それは成猫と同じぐらいの巨大な袋

厚手のビニール袋は厳重に二重にされ
さらに新聞紙で梱包されている



とりあえず水に浮かべる

011_convert_20130713224335.jpg

120㎝水槽の半分を占める巨大さ

天を覆う大きな塊に
 いつもは屈強なさかな達も影をひそめている



さぁ!出でよ!新しい仲間よ!



「うふふ・・・♪」

011_convert_20130713223844.jpg

「水合わせってこんなに早いものだったかしら?・・」



個体サイズ20㎝オーバー
たまたま行ったショップで見つけた
 きっと買い取り個体1800円


~新しい仲間がやってきた!26~

014_convert_20130713223757.jpg

アヘアヘアヘ・・・

極悪桃色仮面
パロットファイヤーLLサイズ


このパロットというさかな
喧嘩が3度の飯よりも大好きなシクリッドの仲間

しかしこの笑った口のため
 どんなに相手を突いたところで攻撃力0


だからこういう混泳水槽の仲間にはピッタリである

018_convert_20130713223709.jpg

・・・オスカーはいったい何センチになったのか?

ショップで見たときは、大き過ぎるか?と思ったものの
ここ第一アマゾンではたいしたことがなかった・・
オスカーの親分が特盛りだった



「よろしくね!ウフ・・・」

013_convert_20130713223815.jpg

殺伐としたシクリッド水槽にもたらされた癒しの風

桃色に染まった微笑みの天使は
 これからどんなドラマを見せてくれるのでしょうか



~どんなときも心にスマイルを~

019_convert_20130713223555.jpg


なんかいやらしい・・

いや!いやらしくない!





特大ぽち
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます♪

カチカチ灼熱たまご

真夏の海老水槽はとても涼しげ

010_convert_20130710213507.jpg

水温はきっちり30度・・・

連日36度を超える暑さに、どう頑張っても30度を切らない水温

赤いスケルトンのルリーシュリンプ
 ぬるま湯の中で必死に生存中



そして誰かと誰かのかけ合わせで偶然誕生した(かどうかもわからない)
黒光りシュリンプも絶賛生存中

003_convert_20130710213404.jpg

最近じゃ、カルボーンシュリンプという高級な海老もいるそうだが
こちらは勝手に黒くなった偶然の産物 ナチュラルボーンシュリンプ



しかし赤い海老と黒い海老


そう、こんなにいたのに

スーパーレッドチェリーシュリンプ

オレンジチェリーシュリンプ

スーパーイエローチェリーシュリンプ

インドグリーンシュリンプ・・・

ルリーシュリンプベルベットブルー



今じゃすっかり、黒

004_convert_20130710213703.jpg

ここ数日の猛暑でカラフルな海老たちが見当たらず
目に入るのは赤と黒の海老のみ

きっとどこかで生きてる・・・
それは水槽の中か?
わたしの思い出の中か?!



異常気象は海老の進化と

赤い海老のみたまごを抱えるという現象を生み出しています

001_convert_20130710214233.jpg

ゆっくり煮えたぎるぬるま湯の中で

次はどんな海老が生まれてくるのか?

そもそもたまごは無事孵るのか?

こんな熱湯風呂じゃ、せいぜいゆでたまごよ・・・





頑張れ!赤海老母ちゃん!
ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます♪

夏をあきらめて

熱中症で搬送・・・

 今日の最高気温は・・・

TVからは猛暑のニュースが繰り返し流れています


ついに・・・

015_convert_20130708205449.jpg

外気温は35度、そして水温は今年初めて30度を超えました

でもここ第一アマゾン川は毎年恒例
中型シクリッドたちはこれでもきっと大丈夫なのです



しかし心配なのは
海老と小魚の住む第四アマゾン川

023_convert_20130708210533.jpg

涼やかに見えるけれど、きっと海老も魚も暑さに辟易していることでしょう


わたしは帰宅後、普段平日にはしない水替えをすることにしました

ちょっと待っててね!今冷たい水道水を入れてあげるから!

まずシュポシュポで調子よく水を抜きました


視界に入るふたつの小さな塊

021_convert_20130708203227.jpg

水が・・・水が・・・・・

小さな身体を寄せ合い、じっと耐える貝


調子にのって水を抜いたはいいものの
すっかりわたしの視線はテレヴィに釘づけだったのです



ちょっと待っててね!
今、水を!!

022_convert_20130708203330.jpg

慌てて畑からホースを引っ張り、
 何より先に貝にシャワーを

そのあと貝は安心したかのように
ふたり抱き合いながら、水の中にぽちゃんと堕ちていきました



もうこれで安心
あとは冷たいスコールを降らせることにしましょう

024_convert_20130708203427.jpg

優しい雨は水面をどこまでも爽やかに

しかしそんな時間は長くは続かず



優しい雨に飽きると、水にホースを突っ込んで、強めたり、弱めたり

023_convert_20130708203356.jpg

水の世界はまるで洗濯機

涼しい・・涼しいわ・・・
そんな生き物たちの声が聴こえてきそうな夏の夜



さぞかし水温は下がったことでしょう

見にくくて仕方のないADAの水温計を覗きこみました

006_convert_20130708203611.jpg

28度だそうで・・・

そもそもココは何度だったのか・・

水替え前にチェックすることを忘れて、なんの記録にもならず

わたしはテレヴィに夢中

(おまけに去年買った冷却ファンが見当たらず・・・)




熱中症、気を付けて!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
ぽちっとありがとうございます♪




奴隷と王のシーソーゲーム


そろーり。

そろーり。

恐る恐る回して外したボトル

011_convert_20130703232836.jpg

ここまで順調


7月6日
 生まれて初めての、CO2ボトル交換の日



新しいボトルを用意し

レギュレーターをぐっと握り
 ボトルをそっと回していく

「針がボンベに刺さる際「シュッ」と音がしますが
 慌てずにそのままねじ込んでください」


説明書に書かれたこの台詞も二度目


デジャ・ヴなんて・・・

010_convert_20130703232813.jpg

しゅ・・ううううううううううう!!!!

またこの音!!

何処から出てる?

キョロキョロと周りを見渡してみるも
出ているのはもちろん己の手の中のボトルから



もう負けない!

もう奴隷とは言わせない

ぐっとねじ込んでやった



050_convert_20130706213853.jpg

オチ無し開通

途中の写真がないことが余裕の無さを物語っている、なんて言わない

CO2の粒がやけに大きい気がする、なんて思わない



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



二本目のCO2ボトルは己の心配をよそに
 いとも簡単にセット出来たのでした

CO2に翻弄された一本目から3カ月
 機械音痴だって、奴隷だって、輝く水の世界を作れるのです
 

自信にみなぎるわたしの前に現れた、ひとつの丸いフネアマ貝

012_convert_20130703232903.jpg

いいぞいいぞ!その調子だ!

ガラスにへばりついて苔を磨きあげるのだ!

奴隷のように働くがいい!





いつもありがとうございます♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

思わせぶりな爆弾

ありがとう

008_convert_20130703233208.jpg

最後の一粒


生まれて初めて水槽にCO2を添加したのが
4月6日でした

そして予想を遥かに上回る約3カ月間もの間
命のバブルを吹き上げ続けました



そして今日7月4日、ひとつのボトルが終わりを告げました

002_convert_20130703232723.jpg

バブルが舞う世界が当たり前だった世界は
水を打ったように静かになりました

一本一か月ぐらいと思われていたボトルが
これほど長くもつとは思いませんでした



それまでCO2なんて使ったことのないわたしでも
それが無くなると何故か急に不安になるのでした

途端に水草が枯れ始めるのではないかと

009_convert_20130703232747.jpg

だから意を決して新しいボトルをセットすることにしました
もちろん再度説明書を見ながら緊張していたのは言うまでもありません

それもこれも
 初めてセットしたときの驚愕のジェット噴射事件があったからです



「ガスが残っていることがあります」
そう書かれていることに一抹の不安を感じながら
バルブを一旦全開まで開きます

004_convert_20130703232634.jpg

そろり。そろり。

最大限回るところまで開きました


しゅゅゅゅうううううううううううう!!!!!


思わぬ音にわたしの中で時間がとまったかのようでした

まさか再び悪夢

わたしは慌てて水槽の前面に回り込みました

005_convert_20130703233149.jpg

どっさり噴射中

残っている!
まだボトルの中にCO2が残っている!!


すっかり無くなったかと思っていたCO2は再び輝くバブルを吹き上げ始めたのです

もしあるのならば、
「ボトル一本で何カ月もつか選手権」で優勝は確実かもしれません
だって4カ月目に突入なのですから



今日はボトルの交換をブログに記そうと思っていたのです
しかし、こんな嬉しいサプライズであれば
CO2ボトルの寿命について、ということで素敵な記事になるでしょう

わたしはニヤニヤと想像を膨らませていました





001_convert_20130703232704.jpg

結局止まっとる!!


残りガスが最後にしゅうと出て完全終了だったようです

このCO2ボトルというのはどこまでわたしを惑わせるのでしょうか


最後と思わせつつ喜ばせ
 結局終わりやんけ!という思わせぶりで、サディステイックな爆弾



今度こそ交換。


次回 奴隷は王様になれるのか






いつもありがとうございます!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

ヘレンと行く神の森

竹からとうとうと流れ落ちる水

冷たく清らかな水でわたしの心も洗われたような気がした

013_convert_20130701204238.jpg

「冷たくて気持ちいいな・・・おまえ」


「ええ、とっても・・・」



おまえとあなた、幾度目かの逃避行

玉砂利を踏みしめて歩く神聖なる地



やわらかな光の差し込む神の森へ

021_convert_20130701204443.jpg

伊勢神宮~神の御力とともに~


「あなたは何をお願いしたの?」


「ナイショだぜ・・・おまえ」



そんな神の森で
 突如わたしたちの目の前に現れたブロンドヘアーの美女

御神木に近づくその女(ひと)からは神々しいオーラが放たれている

018_convert_20130701204408.jpg

大きくそそり立つ木々を見上げてご友人たちと話している

この後ろ姿、そして低音で絞る出される浪速の美声



わたしは完熟の美女に釘づけになった

その木になりたい、そうも思った

017_convert_20130701204349.jpg

こんな木ぃ~立派やわぁ~

その声で確信に変わった

紛れも無く、西川ヘレン


神聖な森で出会った西川きよしの嫁
そして、かの子の母



「ああ・・・ヘレン・・・」

001_convert_20130701232357.jpg

ヘレンの温もりが残るその御神木を、わたしも優しく愛撫し続けた




「あなた・・・いつまでもヘレンばかり見てないで」


その声にふと我に帰る



わたしは邪心が悟られてはならぬと
神の森をあとにし、人ごみでごった返すおかげ横丁に入った

036_convert_20130701204713.jpg

蒸し蒸しとした夏の暑さに吸い寄せられる赤福本店


「やっぱりここに来たらコレだな・・・・おまえ」


「わたしも楽しみにしてきたわ・・・あなた」


夏しか味わえない絶品スイーツ・赤福

037_convert_20130701224225.jpg

さらさらとした氷にたっぷりとかけられた抹茶
キンとした冷たさと渋みが口の中で優しく溶けてゆく



「やっぱり夏はこれだな・・・おまえ」


「ええ、とっても幸せよ・・・あなた」



わたしのハートは何故かじんじんと燃えていた 
冷たい氷でも冷やせない、ひとつの思い



食べ進む氷の先に顔を出す赤福

わたしは目をつぶって赤福と氷を口の中で転がした

038_convert_20130701204513.jpg

「赤福と氷はどっちも外せないな・・・おまえ」



「じゃ聞くわ、
 ヘレンとわたしだったら、どっちが大事なの?」




「・・・ヘレン」








小さなことからコツコツと!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

プロフィール

ちっぷ

Author:ちっぷ
さかなが触れないくせにさかなを飼い続けるおっさん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来てくれてありがとう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。