スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どきどきサンゴ物語

けっこう前から家にはあったけど
一回も使ったことないもの。



サンゴ



「大型魚の水槽はエサや排泄物でペーハーが下がるため、サンゴを入れてペーハーを調整・・」
のような情報を得たのはいいものの、
どれぐらい入れていいものかわからなかったので、
タンスの肥やしになっておりました。


でも先日、再びパロットくんたちが調子を崩したので、
きっとこれはペーハーが下がってる!と確信し、素人がサンゴ砂投入に踏み切ってみました。




ちょっとずつ入れて様子を見るんだよね?

001_convert_20120227221502.jpg

小さなビンに弱気な量

あんまり入れすぎるとペーハーショックを起こしたりするんだよね?




なんにも自信がない!




だから設置場所も・・


004_convert_20120227221629.jpg

水槽のはしっこ


サンゴの成分が溶け出すのであれば、
もちろんドコに置いても同じなんだけど
ちょっと遠慮ぎみにはしっこにひっそり置いてみました。

でもみんな様子が違うことに驚いてサンゴから離れてる?・・・気がする。




ここからが本番!

いざペーハーを計ってみる!



試験紙を飼育水にそっと浸けること一分。





002_convert_20120227221535.jpg

うん?
6,5ぐらい?
ロクぐらい?・・・な気がする。



いずれにせよ怪しさ満点。



でも前回計ったときが5とかだった気がするから、ちょっとは効果あり?

ほんとに効果は出てるのか?サンゴよ。

2日前に水替えをしたからその効果なのか?サンゴの効果なのか?
迷宮入りのサンゴ投入・・・。



もうちょっと入れてみようかな?




003_convert_20120227222411.jpg

「いつまでもケチケチ紙のやつで計ってないで
機械のやつ買いなさいよ!」





また怒られた?
・・・気がする・・・






↓ぽちっと応援お願いします!いつもありがとうございます!
にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

母は強し。強すぎる。

第四アマゾン水槽

007_convert_20120226141455.jpg

右側の産卵ボックスです

ブクブクでメイン水槽から水を循環させるので
いつも水が綺麗な評判の良い産婦人科です。


ここにはもちろんグッピー奥さんがおります。


何故かこの産卵箱の設置場所はゲオくんたちのいる第二アマゾン水槽


実は産卵のためではなく、
奥さんは数日前に尾ぐされの病にかかってしまったのです。

グッピーやエビちゃんたちのいる第三アマゾン水槽で薬は使えないし、どうする?

・・ということで無理やり産卵箱という名の病院を第二アマゾンに設置しました。



第三アマゾンから第二アマゾンまで水合わせもせず網ですくってそのままポイっと入院していただきました。
強引でごめん、奥さん。


薬をいれなくとも水質が変われば病も治るかと様子を見ること数日。
尾も綺麗になりすっかり回復した様子。



そろそろ第三にお戻りいただこうと今日産卵箱を見ると?

006_convert_20120226141530.jpg

奥さん痩せた??
そして、なんか周りにゴミが増えた?


う~ん?よく目を凝らしてみると・・・



008_convert_20120226141559.jpg

子が大量!!!

そんなつもりでここに入院してもらったわけじゃないのに・・

ただ病気の治療で入ってもらっただけなのに・・

子を産むときは第三アマゾン水槽で自然産卵にまかせるって決めてたのに・・

こんなに子供たちをどうするのよ!?
誰が面倒をみるのさ!?



でもせっかく授かった命。
せめて子たちのために小さな子供部屋を掃除してやりました。

009_convert_20120226141638.jpg

ミニしゅぽしゅぽで底にたまったゴミを取り除きました。
うっかり子を吸い上げないように慎重に・・。


祖父からのプレゼントが天からたくさん降ってきました






こんなにいらん!



↓いつもクリックしていただきありがとうございます!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

本当にあったウソみたいな本当のお話。

005_convert_20120224222419.jpg

金魚です。
そんな金魚にまつわる本当にあったお話。



遥か昔。



わたしが子供のころ、6歳ぐらいのときの出来事です。




物心がついたころから、わたしは今は亡き祖父の自転車の後ろに乗せてもらい
家の近所にある金魚屋さんへよく連れていってもらっていました。

祖父からしたら孫の可愛さは目に入れても痛くない、
まさにそんな愛をたくさん注いでもらっていたおじいちゃん子だったかと思います。


近所の金魚屋さんは家の庭にたくさんのコンクリートで作った
四角い池がいくつもあり、上から眺めて欲しい金魚を見定めるのです。


「金魚を飼う」ということに夢を感じていた6歳のわたしは
もちろん種類などはとくにわかっておらず、
よく眺めていたのは、赤い金魚か、真っ黒なデメキン。


池を上からのぞくことがまず楽しく、
池の中から水面にあがってくる金魚をみつけては歓声をあげていました。



その日は、その池でも一番赤くて元気な金魚を一匹買ってもらいました。
今でいう「子赤」みたいな大きさの小さな金魚でした。


もちろん飼育はプラケースにブクブクだけ入れて飼う、
そんな時代でした。



金魚を眺めるワクワクする毎日。
しかしそんな日は長くは続きませんでした。



ある日、その真っ赤な金魚が死んでしまったのです。



まだ純粋だった6歳のわたしは、その金魚をおじいさんと一緒に庭にあるプランターに埋めました。
そして小さな手を合わせてお祈りをしました。


「天国にいってください」



金魚が死んで庭に埋めた初めての日でした。

死んだ、ということが正直よくわかっていなかったと思います。
ただ、今まで元気に動いていたものが動かなくなった、
もう二度と動かない、
それは死んだということ。
そんな認識でした。


悲しいような不思議な感覚でした。




それから一週間ほどしたある雨の日。

すべての音をかき消すような、ざーーーっと屋根を叩きつけるような大雨の日でした。


「おーい!! 孫や~! 外に出てきてこれ見てみ~!」
家の中にいたわたしを裏庭から祖父が大きな、それもとても驚いた声で呼ぶのです。


「はよ来んか~!」


大きな声で呼ぶのでわたしも何事か?と驚いて庭に傘をさして飛び出しました。


裏庭の、この前金魚を埋めたプランターに雨水が溜まっていました。


「これ見てみ」

祖父の指さす先、プランター。



その中に、真っ赤なあの日の金魚が泳いでいるのです!


わずかな雨水がたまったひたひたのプランターの中で
真っ赤な金魚が元気に動いていたのです。



「えっ?じいちゃん、なんでこんなとこに金魚がおるん?」
「土から出てきて生き返ったん?」


わたしはパニック。



「なんでやろうなぁ~? わしもビックリしたわ!」と祖父も本当に驚いた様子。
降りしきる大雨の中、祖父とわたしはプランターの中で元気に泳ぐ真っ赤な金魚をしばらく眺めていました。




まさか死んで土の中に埋めた金魚が生き返るわけがない。
それは子供であるわたしにもわかりました。



ただ、気が付くとわたしは雨の降る空、天を見上げていました。



これは、きちんと埋めて手を合わせてお祈りしたから、
それを神様が見てくれていて天から降ってきたんだ。




今思うと子供らしい発想ですが、当時は本当にそう思いました。
その頃の記憶ははっきり覚えています。






そんな話を大人になって人に話したことがあります。

「それっておじいさんが買ってきてまたプランターに入れたんちゃう?」
「ホントは金魚、生きてたんちゃう?」


衝撃的な友人の巧妙な推理!
聞きたくなかった!


でも、そう言われても大人になった今でもわたしはその言葉を信じていません。
邪推だ。と。


きっとあれは雨の日の奇跡。
神様がくれた新しい金魚



いい歳こいたおっさんが!

現実もよくわかっているはずの大人になった今。
妄想と夢はあくまでも、妄想と夢。


でもあの日の驚きと嬉しさは今でも忘れません。
思い出すときゅんと嬉しくなる不思議な金魚のお話しでした。



第一アマゾン水槽ではいつもの簡単な奇跡が起こりました。

001_convert_20120224222559.jpg

昨夜の謎の粉吹きの病、無事一日で完治!


これも奇跡!?
いやこれは美化せず、ただ水替えをサボって水が悪くなっただけのお話(T_T)






読んでいただきありがとうございました
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

出でよ!海の力よ!!

018_convert_20120223220550.jpg



ついに海水魚飼育復活!!?



いや・・実は違うんです・・。



見た目にはキレイに見えた第一アマゾン水槽
うん!気持ちよさそう!
・・・は飼育者の勝手な思い込み。

027_convert_20120220235511.jpg


今日ふと水槽を覗いたところ、水槽の隅で・・・


015_convert_20120223220625.jpg

はっ!!!また!!!
粉ふいてる!!!

またやってもーた(ー_ー)!!


いつも異変はこのパロットくんたちから始まります。
ちょっと水替えの間があくとこうなる。

ごめん、水替えをサボったつもりはないんだけど・・。


でも水替えをすると不思議に一日で完治する粉吹きの病。
これはもしやペーハーが下がってる??
今回は荒塩作戦ではなく、ちょっと冷静にペーハーというものを計ってみることに。

019_convert_20120223220929.jpg

じゃじゃん!!

一番安上がりで一番怪しいペーハーチェック。
「テトラ テスト試験紙 ペーハー」


「大型魚はエサの量も多く、排泄も多く水が汚れてペーハーが下がる・・」
そんな情報をもとにちょっと前に買って使ってみたものの
これがどれだけ正確か怪しくてあんまりアテにしてなかった代物。

今日久々に使ってみる。

水の中に一分入れて・・
この色と比べて一番近い色になるところが今のペーハー。


020_convert_20120223221038.jpg

むむっ!?
けっこう下のほう!?
ペーハー5? よん?

結局、はっきりわからないものの、あんまりよくないゾーンであるのはたしか。
シクリッドたちの最適なPHはたしか一般的な7付近でよかったはず。

あわてて水替え\(゜ロ\)(/ロ゜)/
いつもの水道とやかん、夜なのに忙しい!

 
で、ペーハー下がりを抑えるためにサンゴをパラパラっと・・
と入れたいところですが、水替えのショックのほうが大きそうなので
今日はサンゴ投入はやめときました。
明日また様子をみてみよう。



017_convert_20120223221432.jpg

「あの~、水、冷たいんですけど・・?」



↓ここを優しく押してください
にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ
にほんブログ村

天は二物を与えず

美しいが、

031_convert_20120221221541.jpg

キツい!!


このアマゾン川の主・ビエジャアルゲンティア
王の座に君臨すること早1年。


「アルゲンティア」という神々しい名前と白銀に輝くその姿。

王の近くには誰も近寄ることさえ許されず、
迂闊に近寄るものには天のお裁き。



王!ご勘弁を~!
014_convert_20120221222000.jpg

好奇心旺盛で近寄るものはすべて彼の興味の対象。
たとえ彼の体より大きな相手でもとりあえずツンツンしてみる。

相手が逃げなければノーサイド。


ちょっとでも逃げる相手を見つければ可能な限り追いかける。
幸い、というか無理やりたくさんのシクリッドを入れているので
追いかける対象が途中で分散して大事は免れております。


011_convert_20120221230941.jpg


美しくて優しい王様がいたらあっしら農民はついていきます!

しかしこの国はそうはいかないようです。


美しくも厳しい王の国。
「天は二物を与えず」

先人はよく言ったものです。





↓いつもクリック応援していただき感謝!m(__)m
にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ
にほんブログ村

グレートバリアリーフで泳ぎたい

むか~しむかし。


世の中にフェイスッブックもツイッッターも、ブログも、
それどころか携帯電話どころかポケベルもなかったころの「さかな」のお話。


ちっぷ家には「さかな」は物心ついた頃からいたのですが、
そのさかなが金魚から、熱帯魚になり、調子にのって「海水魚」にチャレンジしたことがあったのです。


その当時まだ初々しい、もやしっ子中学生でした


金魚からネオンテトラに変わってからは、ちょっと大人になったような気がして
だったらもっとバブリーでゴージャスな「海のさかな」を飼ってみたい!と思いだしました。


淡水魚と違って水槽の中をグイグイ泳ぐので見ていて飽きない、
もちろんなんといってもそのの鮮やかなカラーに魅了されたことは言うまでもありません。


その当時地元の熱帯魚ショップには売っていなかったので、
当時の中学生からすればドキドキの「都会のデパート」というところで
人工海水やらさかなやらを買いました。
高い出費です


人工海水を比重計で計りながら、なんとか海水を作り、一応念のためちょっとなめてみる、
やっぱりしょっぱい!と安心し、後日、今でも定番であろうデバスズメ(青いやつ)を5匹買ってきました。


海水も比重計でチェックしたし、底にサンゴ砂はひいたし、水も綺麗だし、完璧!



でもそれは買ってきた当日だけの夢物語だったのです。


翌日学校から帰って水槽を覗くと一匹死んでる!!


なにが原因かわからず、本屋で買ってきた「ただ高いだけで薄っぺらい海水魚飼育本」を見ても
詳しく書いてなくてただオロオロ。


しつこいけどまた比重計をチェックし、というのもその当時わたしは「海水の比重」がすべてだったのです。
淡水のさかなと違って海のさかな、イコール 海水をいかに再現するか?
それぐらいしか思いつきませんでした。

今みたいにネットで調べたり誰かに聞いたり、そんな情報収集が無かった時代。
バクテリアはどうとか、水合わせとか、そんな言葉はもちろん知りませんでした。


だから一人でどうすることも出来ず、ただ比重系をチェックして見守るだけ。
その後一日一日・・一匹一匹・・と天に旅立っていったのです。


その後、懲りもせずチョウチョウウオなど、いかにも海水魚!なさかなを数匹飼ったのですが
やはり長生きはしませんでした。



それに、コケもすごいし、飼ってもすぐ死んじゃうし、
もーヤダ!
ということである日突然終焉を迎えたのです。


よく言えば甘酸っぱい思い出、
でも実はとっても苦い思い出。


一言で言うと「トラウマ」


だから今熱帯魚ショップで色鮮やかな海水魚が泳いでいるのを見ると
懐かしさを感じつつ、やっぱり憧れもあります。

でも、もやし中学生の頃の思い出が甦り、
お尻がムズムズしてしまいます。
でもヘタっぴだからもう飼わないからね。



あの頃があって「今」があるのでしょうか。

027_convert_20120220235511.jpg

なんとなくカラフルなさかなが集まっているのもその頃の悔しさ?

022_convert_20120220235413.jpg

常夏の太陽が注ぎ込む、ここは、熱帯の海。

青いバックスクリーンを貼って、青いLED照明で照らしつける、「さも海水かのような姑息な手段」
おとなになってこんなテクニックだけは身につけました




↓いつもクリックしていただきありがとうございます!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

プレコ物語

ぶらーーーーーん。

001_convert_20120219211302.jpg


こーやってなーんにも考えず
木のココにず~っとぶら下がってるの気楽だなぁ~。

だってな~んにも考えなくていいんだよ~。

気が向いたらこの木をかじってさぁ、
たまにお空からもゴハンが降ってくるんだよ。

だからいつもここにいるんだ。



でもたまに僕に似た子が僕のゴハンを取るんだ
そいつはさぁ、僕よりあとにこの水槽に来たくせに
自分の家みたいに振る舞うんだ。

002_convert_20120219211337.jpg



こいつ。
セルフィンプレコっていうらしい。
大きさだって僕より小さいのに、ごはんの時間には必死で僕のゴハンまで食べるんだ。

008_convert_20120219211529.jpg

そもそもこの木は僕の木なのに、
それまでもガジガジかじってるんだ。

この前、ホームセンターで新しい流木買ってくれるって言ってたのに、
ここの飼い主はぜんぜん買ってきてくれないし。

006_convert_20120219211454.jpg

人のゴハンまで食べて、人の流木までかじって。

それまでひとりでな~んにも考えなくてよかったのに
しまいにはこんなこと言うんだよ。



013_convert_20120219211625.jpg

「流木も悪くないね」


でも飼い主さんは僕のほうが好きだよね?
頭でっかちで可愛いって言ってくれたよね?
目が青いかも?ってみんなに見せてくれたよね?

僕が大きくなっても第一アマゾン水槽には放り込まないでね!




いつもぽちっと応援してくれてありがとう!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

美人さんのお通りですよ!

018_convert_20120218231916.jpg

「昨日ボヤいたから今日はなんだかスッキリしてるわ」



このレッドスポットゴールデンセベラムは、この水槽には2番めの入居者です。
一番めはワイルドオスカーくんでした。
ちなみに3番目はセルフィンプレコ。
4番目が、パロットファイヤー・・
その後はビエジャラッシュとなりました。


現在セベラムは18cmぐらいまで大きくなってくれました。
他のさかなに悪さもせず、それでいて他のさかな達から追いかけられることもありません。

やっぱり最初からいるさかなには他の凶暴なシクリッドたちも
一目置いているのでしょうか。


008_convert_20120218231842.jpg


ヒレをかじられることもなく、
追いかけられることもなく、
たいして興味も示されず。

文句は言うけど


存在感がないようで・・

012_convert_20120218231705.jpg

実はなかなかの存在感。


ここでは一番目を引くキャッチーな奴です。
奴、というとまたボヤかれそうなので、お嬢様にしといてやるか。


008_convert_20120219000714.jpg

「どーでもいいわっ



↓いつも応援していただきありがとうございます!
にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ
にほんブログ村

オスカーとセベラムとちっぷと。

はぁ・・

005_convert_20120217200801.jpg

ねえ、ちょっと。
最近わたし思うことがあるのよ。

ここの飼い主のことなんだけど。


005_convert_20120217200902.jpg

う~ん?
どないした?



わたしたちの家、やっぱり狭くない?
最初の頃はあなたとわたししかいなかったのに、
最近乱暴な人が増えて困ってるのよ。


ここはもともとわたしとあなたの家だったのよ。
それが最近じゃ夜も落ち着いて寝られやしないじゃない!




そうは言うてもなあ、わしはもう諦めとるんじゃ・・
ここの飼い主はそんな一筋縄ではいかん男や。

強情な男や。



わしは昔から今日みたいな日が来るかもしれんということは薄々感じとった。


最初はこの大きな部屋にわしだけ迎え入れてもろてな、
毎日生きた真っ赤な金魚を食べさえてもろたわ。
おかしら付きや!
幸せな毎日やった。


「・・・」



021_convert_20120217225739.jpg

それからしばらくしてお前が連れてこられたんじゃ。
おまえと喧嘩しとった日が懐かしいわい。
それでもまだこのウチは広かった気がするわい。



でもな、あいつがおかしくなったのはそのあとや。


ビエジャというヤツを連れてきてからは、そりゃもう水を得た魚や。
ほうぼうで魚を買うてきては、このウチに放り込みおる。

居場所もなんもあったもんヤない。


「・・・」



017_convert_20120217200702.jpg

昔が懐かしいわ・・。

そうやのう・・。


きっとあのちっぷとかいう旦那、また今週末どこかへまた荒くれ者を探しにいくのよ。
そして「新しい仲間がやってきた!」とかなんとか言ってブログに載せるのよ。
たまったもんじゃないわ!




おまえの気持ちはよ~わかっとるつもりや。
ほいでもな、あの男には逆らえんのじゃい。


週に一回はきれぇな水を入れ替えてくれてな、
なんかたまに熱~い湯かなんか知らんけど、それも入れるけどな。
それでもわしゃ感謝しとる。


病気になったら薬屋へ走って買うてきてくれる。
スーパーで荒塩も買うてきてくれる。
毎日飯も食わしてもうてる。


最近じゃのお、写真ちゅうのも撮ってくれてるみたいや。
それをな、色んな人に見せてくれてるていうやないか。


ここ最近はエビやグッピーとか言うなんやちっちゃいやつと浮気しとるらしいが
それでもわしは感謝せなあかんと思うとる・・・。


感謝・・せなあかんと・・・



020_convert_20120216200529.jpg

そう思わなやってられへんのや!



「・・・」





↓いつも応援していただきありがとうございます!
にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ
にほんブログ村

あの頃の君に逢いたい・・・。

015_convert_20120216200743.jpg

コイツは誰だ?

大きく口を開け、我が周りに近づく仲間を威嚇し攻撃!

この数日で性格が豹変した若者。




013_convert_20120114224328.jpg

前はこんなにあどけなくて可愛かったのに・・・


最近じゃ腹に刺青を入れ
視界に入るヤツをすべて蹴散らす・・
そんな荒れ狂う日々。

017_convert_20120216200815.jpg

なんだ?この色は??


そう、あのおとなしかったビエジャレガニくん2号(鯛)

親の願いむなしく、レガニ2号はヤンキーの世界へ足を踏み入れました。
なにがあった?レガニよ!



013_convert_20120216200917.jpg

居場所はド真ん中!

彼は水槽の真ん中で近づく野郎どもを追いかけまわし
自分の存在価値を世に問うております。

でも所詮昨日までは恥ずかしがり屋だった性格の優しい子。
今日から彼がどんなに威張ってそう振る舞ったところで
やっぱり返り討ちにあうのです。


それにしてもこの色はなんだ??

013_convert_20120216200711.jpg

黒い・・


可愛くってあどけなかったあの頃のレガニくんよ、
優しい青色の君は何処へ??





↓いつもぽちっとクリック応援していただきありがとうございます!
にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ
にほんブログ村

なんでそ~なるのっ!?

わたしは発明しました。

手が入らないほどの小さな水槽を掃除する機械を!



用意するのはこちら。

001_convert_20120214203153.jpg

①100均に売ってるメラミンスポンジ、激落ちくん。これは超落ち王らしい。
ちなみにブロック状になったものが10個入り!100円。
アクアショップで買うといちいち高いので知恵を絞り出しました。

②割り箸


スポンジと割り箸。


そう
ただスポンジに割り箸をぶっ刺して・・・


027_convert_20120214203501.jpg

こうなる。

「小さい水槽掃除マシーン!!」


このマシーンをこう入れて・・・

025_convert_20120214203629.jpg

きゅっきゅっと右往左往。
ちなみにスポンジにちょっとナナメに刺すのがポイント。
そうすると上下させても割り箸が抜けません。



たいして苦労もせずピカピカになりました

005_convert_20120214203238.jpg


水も少し替えたのでグッピーの子供たちも気持ちよさそうです。
実は下のほうにうじゃうじゃ泳いどりますが・・。

006_convert_20120214203305.jpg




そして次の日・・・

なんかパソコンの横に見慣れぬ物体が・・・?

013_convert_20120214203351.jpg


グッピー父さん!!!!!

012_convert_20120214203328.jpg

しかも立ってる!!!

木彫りのさかなのように、凛と正面を向き、カリカリになっておりました・・。

掃除マシーンの発明で調子に乗って掃除しすぎたかもしれません。
環境が変わって身を投げてしまったのかもしれません。


グッピー父さんごめん。
子供たちを立派に育てあげるから!
産みすぎじゃね?とか言わないから!


合掌。




↓まだまだヒヨっこです。ポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

新しい仲間がやってきた!6

同じさかなが二匹欲しくなる法則。


昨年12月29日に連れて帰ってきたレッドシクリッドくん2匹。

カゴに入れて大切に飼っていたつもりが

わずか1日でカゴから逃げ出し、
忘れもしない年の瀬も押し迫った12月30日、

オセレートスネークヘッドくんがペロリと完食。



しかしその後、
レッドシクリッドを食べたオセレートくんはわたしの不注意で三途の川へ。


オセレートくんのいなくなった第二アマゾン水槽。

彼よりも大きなゲオファーガスやチョコレートシクリッドにかこまれて
ひとりになったレッドシクリッドくんは寂しそうにしておりました。




そこで、懲りずにもうひとり連れてきました!

001_convert_20120212213541.jpg

なんだか亡霊・・・。
後ろに写っているのが今回連れてきたレッドシクリッドくんです。


薄いカラーの優しそうな子。
女の子でしょうか?


もともといた彼はいやらしく声をかけとります。

「なあ、いいだろう?」

006_convert_20120212213630.jpg

「あなたしつこいから嫌いなのよ!」

007_convert_20120212213653.jpg

「マッテクダサイ・・」


気性の激しいこの二人の関係はどうなる?
幼い二人のこれからを今後も温かく見守っていきます。







↓いつもポチっと応援していただきありがとうございます!
にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ
にほんブログ村

新しい仲間がやってきた!5

書物に記されし美しき熱帯の生けるもの


遥か彼方、熱帯の地より日本国に来たる


我見つけし、買っちゃった!


実はこのさかな、ある雑誌で成魚の写真を見て
あまりの美しさにこれは飼うしかない!と決めとりました、最近。

たまたま行ったショップに一匹だけ泳いでいました。
これがあの子供??


不安に思いながら連れて帰ってきていつもの水合わせ。
その間にちょっと水替え、もちろん水道水からの真水&やかんの熱湯!
今回もどさくさにまぎれて作戦決行。


地味に映るその影・・・

008_convert_20120211211702.jpg



そして水槽内に解き放ちました。


さぁ!光り輝きたまえ!!



・・・



030_convert_20120211211740.jpg

地味・・・。


とても地味なこのお方は、
ワイルドサタノペルカ・ダエモンさんです。

さかな好きのはしくれ、やっぱり「ワイルド」という響きにはやられます。
どうやってこんな小さなさかなを運んでくるのでしょうか。
現地の方がすくってくれたと思うと感謝。



それにしてもこのお方・・・、

029_convert_20120211211809.jpg

並ジュルパリ??
それぐらいなんてことの無い地味さ・・。




ほんとにこやつは、そして黄金色に変貌を遂げるのか?

033_convert_20120211211833.jpg


新しい環境でまだまだ緊張の色。
頑張るのだ!ダエモンさん!!




↓いつもポチンと応援していただきありがとうございます!
にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ
にほんブログ村

ちいさなアマゾン川便り

わたしは悩みました。


癒しの水槽とは?


癒しを求めるのであれば、それはあまり手のかかるものではなく
あくまでも手軽に管理が出来そうなもの。

そして行きついた先が机の上に置けるミニ水槽でした。


でもどうせ置くならやっぱり水草の茂った水槽が癒されるか・・?

水草は簡単そうなアヌビアスナナにしよう!
でもモスも茂らせたい!
どうせなら南米モスのほうが高い分いいのか?

そこに、カージナルテトラをちょっと泳がせて・・。

でもエビも気になる!
だったら
エビだけにするか? ブリーダーになってひと稼ぎするか?

やっぱりグッピーも気になる!
熱帯魚といえばグッピー!
グッピーの産卵も中学生以来見てみたい!

水槽にコケが生えるからイシマキガイとミナミヌマエビも入れて・・♪

このキラキラ光るさかなは何だ?
ゴールデンテトラ!
混泳させたらきっとキレイだ。

たしかマリモは何もしなくてもよかった気が。
だったらここのすきまにドボンと入れて・・。

グッピーに子供が産まれたらお母さんに食べられないように!と
マツモも入れようかな?

この流木にはやっぱり南米を巻きつけたい!
でもどうやって巻きつける?
モス 流木 活着 で検索してみよう。


そんなワガママのつまった
なんのセンスもない水槽


005_convert_20120210202238.jpg


上からのぞいてみたところで
よりなんてことはありません。


018_convert_20120209191715.jpg


やっとあらわれた
スーパーレッドチェリーシュリンプイエローくん


003_convert_20120210202349.jpg

5匹いたはずが最近神隠しにあい・・・。
貴重な一匹が流木の間から現れました。
みんなドコ行った?



ミニ水槽は小さい分管理が楽かと思いきや、そうもいきません。

手軽に始められる半面、
水質の急変に気を付けながら、
欲しいさかながいてももうこれ以上連れてこれない。

でもグッピーの子供たちは今後どうする?

水草が伸びてきたけど水槽が小さすぎて満足に手を突っ込めない。
ちょきちょきしづらい。

もうちょっと大きな水槽にしときゃよかった。

そんな試行錯誤の連続。
これぞアクアリウム。
かな?



癒されます
寒い漆黒の闇に明かりが灯っております。
明かりの灯った熱帯の世界には雑魚たちがウヨウヨ泳いでおります。

006_convert_20120210204016.jpg



もうちょっと近づいてみました。

007_convert_20120210204049.jpg

よりなんてことはありません♪





↓いつもポチンと応援していただきありがとうございます!
にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ
にほんブログ村

写真に撮られるのが嫌いな人集まれ~

カメラを向けると目をそらす人。
恥ずかしがる人。
嫌がる人。



挙句の果てに
どっか行っちゃう人。


そんな、なかなかカメラで撮りづらいくんたちを集めてみました。



①ビエジャSPシャインスポットくん
桃色・・水色・・黄色のメルヘンカラーがウリです。

014_convert_20120208195711.jpg

第一アマゾン水槽では誰からも追いかけられず、誰も追いかけない大人な対応のできる男。
キレイなときとそうじゃないときの差が激しいカメレオン。



②ビエジャマウリコウダくん
なんともビミョーなカラーです。
もうちょっと大人になったらキレイになるのか?

007_convert_20120208195458.jpg

彼は割とうたれ強く、多少の小競り合いはへっちゃら。
それにしてもどうにも色がよくわからない。



③ビエジャシンスピルムくん
②番と③番の差は?(^_^;)
名前は違えど、違いがよくわからないこちらはシンスピルムくん。

008_convert_20120208195541.jpg

こちらも②番と同じくなんともビミョーなカラー。

個性を出していこうぜ!
そもそもどっちがどっちの名前かよくわからなくなっとります。



④ビエジャレガニくん1号
優しい水色のシャイボーイ。
ビエジャの中ではおとなしめでよく追いかけられています。

016_convert_20120208202036.jpg

でも実は強い子。
ちょっとの怪我は一日で修復!
脅威の再生能力です。



⑤ビエジャレガニくん2号
ちょっと神経質?
そんなシャイボーイだった2号が最近急変しとります!
やけに威張り始めました・・。
けんかはやめて。

011_convert_20120208195822.jpg

優しい子だったのに・・
父さんおまえをそんな子に育てた覚えはないぞ!



⑥ビエジャグットラータムくん
ビエジャの中では一番に新入りで一番ちっちゃい。
そのくせ絶対に逃げない他の仲間からも一目置かれた存在。
喧嘩をしかけない割に、喧嘩をしかけられても堂々としていて逃げるどころか動きません。

010_convert_20120208195641.jpg

他のビエジャとはひと味ちがう黒×青×赤のカラーに期待を寄せております。



⑦ビエジャアルゲンティア様

親分。ボス。キング。チャンプ。社長。主犯。

ふてぶてしいほどに高貴。
憎らしいほどに最強。

014_convert_20120208195914.jpg

美しさと強さをあわせ持った孤高の存在。
一度たりとも!1ミリたりとも!ヒレが裂けたことはありません。



⑧ビエジャアルゲンティア子供ちゃん。

しょせん子供。
しょせん将来共犯。

009_convert_20120208195612.jpg

まだまだあどけなさの残るアルゲンティアの子供サイズ。
今はまだおとなしいおぼっちゃま。
しかし、彼も子供のくせにヒレが1ミリも裂けたことはございません!



色が変わる!!(^^)!

性格が変わる!(T_T)


シクリッドの成長はとても楽しみですが、
あまりに無謀な同居に将来が思い描けない最近です。






↓いつもぽちっと応援していただき感謝しております!
にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ
にほんブログ村

第ニアマゾンだよ!全員集合!

オセレートくんがいなくなって寂しくなった第二アマゾン水槽。

でもぷちボスがいなくなって。みんな活き活きしてるような?
そんなとき・・・




はっ!!!!!
死んでる?????

021_convert_20120206193158.jpg

いつもヒヤリとさせられますが、さかさまになって流木をガジガジしとります。
どんな態勢でも吸いつくのは元気な証拠♪


グリーンロイヤルプレコくん
まだ7cmぐらいとちっちゃいのに近くでみるとイカつい・・・。
触ったら硬いのかなあ。

016_convert_20120206193031.jpg



そして、よくわからない色の
チョコレートシクリッドくん
シクリッドと名の付く割には意外とおとなしい優等生。
でも、飯をこれでもかっ!というぐらい食らうので将来心配です。

020_convert_20120206193122.jpg

ごはんの時間には目を真っ赤にして必死でむさぼり食う!
普段は穏やかだけどお腹がすくと機嫌が悪くなる難しい人です。

008_convert_20120206192557.jpg




一方、
スレンダーな流線形のボディと涼しげな色。
穏やかなアースイーター
レッドゲオファーガスくん二人。

006_convert_20120206193658.jpg


青いチカチカが目にまぶしい。
安いのにやりおる。

013_convert_20120206193617.jpg




「わしも忘れんといてや~」

005_convert_20120206192625.jpg

忘れてません。
自慢の口で水槽をちゅぱちゅぱ。
「水槽のコケ取りに!」と書かれていますが
実際どれだけ働いているのかよくわからない気まぐれな
カラープロキロダスくん。

カラシン特有のビビったときの突進で他の仲間たちにめんどくさいヤツと思われ、
いらついた他の仲間が背びれをつついたのでちょっと短くなってます。



そして二匹いたのに一匹食べられちゃった
レッドシクリッドくん

011_convert_20120206192754.jpg

結局ちっさい!
4cmぐらいしかありません。
でもちゃーんとしましま。
尾っぽも赤いので将来が楽しみなおチビ。


彼は最小サイズながら誰も彼を追いかけることはありません。
ちっさいのにどーんと構えております。
さすが将来不安なシクリッド様。


水槽が足りません・・・\(-o-)/






↓いつもポチッと応援ありがとうございます!
にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ
にほんブログ村

そ、そんなぁ・・・!!

悲しいことはある日突然に。



昨日メイン水槽に解き放ったブティコフィリーくんは
自分の居場所を見つけてどっこい今日も生きてます!

024_convert_20120205223727.jpg

エサも食べとりますのでひとまず安心。



悲劇をこのあと目にするとは、
このときはまだ知るよしもなかったのです。


実は、
昨日ブティコくんを出した黄色いカゴに・・
第二アマゾン水槽でそろそろサイズの大きくなってきた
オセレートスネークヘッドを第一アマゾン水槽にデビューさせようと
ひとまず黄色いカゴに入れました。


ここで一週間様子を見て、
一週間後、どさくさにまぎれてまぎれさす!作戦を遂行するはずだったのです。

脱走名人なのでカゴの上にはネットを被せ、万全の体制!
でも、エサを入れやすいようにコインぐらいの大きさの穴を真ん中に開けたのです。

まさかこんな穴からはいくら脱走名人としてもねえ・・。
と決めてかかっておりました。


そして今日、朝はもちろんカゴの中で元気にしておりましたが、
夜帰ってくると・・


ん?
025_convert_20120205222552.jpg

カゴの中にいない!!

まさか床に落ちてる!?

どこだ???





はっ!!!!!

023_convert_20120205222510.jpg

唯一、彼の口元とわかるお姿・・。
まぎれもなくオセレートくんの亡骸。

可哀想なことをしてしまいました。
脱走しないだろうと注意をしたはずが、どうもネットに開けた小さな穴から逃げ出したようです。

逃げ出した先は、恐ろしいさかな達の待つ荒れた川。

ピラニアでもいるのか?
そう思えるほどの食べつくされた残骸でした。


追悼の意味を込めてラストショット。

048_convert_20111224005213.jpg

レッドシクリッドを食べちゃった食いしん坊のオセレートスネークヘッドくん。
短い付き合いだったけど、楽しい時間をありがとう。



・・・第二アマゾン水槽なんか追加しようかな・・(^_^;)





いつも応援して頂きありがとうございます!
にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ
にほんブログ村

ヤンキー高校デビューの日

出してくれよ~・・・。

011_convert_20120126192649.jpg


今日は第一アマゾン水槽の水替えをしました。

そのついでに・・・
託児所で過保護に育てていた

ティラピア・ブティコフィリーくん
メイン水槽に解き放つことにしました。


その方法は・・

どさくさにまぎれてまぎれさす!

水替えのときに水位を半分まで下げ、
さかな達がおとなしくじっとしてるスキにそーっとカゴから出す。
そして何事もなかったように再び水を注入。

環境が目まぐるしく変わる間に、
気づけばとなりに新入りが!

どさくさに紛れた転校生。
新しい仲間を連れてきたときにはいつも使う方法です。


さてその大きさは・・・

031_convert_20120204232335.jpg


こんなにちびっこ!!
奥に小さく映ってるしましま。

027_convert_20120204232136.jpg


だれかに食べられちゃう!?
みんな気づいてるようで気づいてない!?

028_convert_20120204232238.jpg

いやいやそんなことはなく、みんな気づいてます。
でもさすがブティコくん、決して逃げません。

シクリッドの混泳は相手に背中を向けると負けてしまいます。
追いかけられてはいけないのです。

ビビらず逃げず動じず。
どーんと構えることがシクリッドの混泳では大事。
でもそれはやってみないとわからないギャンブル。


託児所がなくなってスッキリした第一アマゾン川。

034_convert_20120204232415.jpg

頑張るのだ!ブティコくん!


・・あれ?いない・・?\(゜ロ\)(/ロ゜)/




↓いつも応援ありがとうございます!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ
にほんブログ村

これがアマゾン川の水だ!

本日はアマゾン川の水を入れ替えます。


天気よし!
気温よし!
準備よし!


なみなみと入った雨季のアマゾン川からシュポシュポで水を抜きます。
シュポシュポの先は裏庭の排水溝へ。
この間、とくにすることはないのでのんびりしとります。

001_convert_20120204190400.jpg

さかな達も毎週の行事ゆえ、とくに慌てる様子もなくおとなしく集合しています。


そして、

約10分後、季節はめぐり乾季のアマゾン川に。
水位は半分になりました。

003_convert_20120204190510.jpg


今日は一週間ぶりの水替えなので半分抜いたりました。

そして新しいアマゾン川の水を投入します!


もちろん・・
ただの水道水!!

アマゾン川に激しく冷たいスコールが降ってきました。
また雨季がやってきたようです。

ザーーーーーーーーーっ

007_convert_20120204190541.jpg

でもこの裏庭から引っ張ってきたホース。
つながれた先はもちろんただの水道。
真水です。

2月のこの時期の「水」はもちろんとても冷たいです。
だからいくらスコールだといえ、急激な水温の変化が起こります。


そこで登場するのは・・・


やかん!!
アツアツです!

006_convert_20120204190640.jpg

ちょっとめんどくさいやかんリレーをします。
湯を沸かして熱湯を投入→
ホースで真水投入→
湯を沸かして・・・の繰り返し。

普段の水温は26度ですが、このときばかりは23度ぐらいまで下がってしまいます。
アマゾン川の環境は厳しいのです。
ホントはカルキ抜きとかアクアセイフとか使ったほうがいいのですか?
教えてさかな達よ。



そして無事ふたたび雨季になりました。
天からの恵みをうけてさかな達もきっと気持ちよさそうです。

021_convert_20120204194940.jpg


そしてこのときある作戦を敢行したのです。
ちょっと映っちゃってるけど・・(^_^;)




↓いつも応援ありがとうございます。やかんで湯を入れてる方、応援をお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ
にほんブログ村

この街の治安を守る男。

ビッグボス!
ワイルドオスカーくん

005_convert_20120202234345.jpg


悠々と泳ぐさまは王者の風格。

002_convert_20120202225429.jpg

オスカーは幼魚が安価で売られているので
つい買ってしまう、
エサをあげればあげただけ食べる、
水も汚す、性格もおとなしくはない、
おまけに成長が早い!
だから飼えなくなってショップに引き取りに・・なんて話をよく聞きます。

実際、よく行くショップにも、売ってないんだけど大きくなったオスカーがいつもいます。
きっと引き取り魚なんでしょう。


オスカーは大きくなってからがかわいいんだけどね。


005_convert_20120117210422.jpg

オスカー、とくにワイルドものは性格も凶暴でサイズもブリードものよりも大きくなる、と言いますが
我が家のワイルドオスカーくんは大きくなればなるほど大人しくなってきているような気がします。
書物で言うほど性格は荒くない?と最近感じております。


今日も水槽の治安を彼の大きな存在が守ってくれています。

014_convert_20120122190535.jpg

そして、水槽の奥に黄色いカゴの影。
そろそろブティコフェリーくんをデビューさせようかな?


いつもありがとうございます。ぽちっと応援お願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ
にほんブログ村

病は気から~そして別れ~

昨夜の、パロットファイヤーくん達が白いモヤモヤで覆われた病気疑惑!

ビビリながらの弱気な塩浴から一日経過・・・


ほぼ完治!?

うろこの毛羽立ちもなくなり、元気そうに泳いでくれています。
実は、昨日の荒塩200グラムではあまりにも少ないか?と思い
追加で100グラムぐらい入れとりました。
それでもまだビビった量ですが。

001_convert_20120201211429.jpg

まだ一部白く溶けてますが、これぐらいなら大丈夫!

002_convert_20120201211501.jpg


マヌケな顔。
きっと大丈夫なんでしょう。

004_convert_20120201211531.jpg


荒塩作戦は、原始的ながらちょっとした不調なら治してしまう最強の民間療法。
ホントはちゃんと規定量入れたほうが確実だと思いながら
いざ2キロの塩を目の当たりにすると、さすがにチキン野郎になってしまいます。



そして今日はおひとり様とのお別れがありました。

病気や塩とかの問題ではなく・・身投げ・・。
いや、身乗りです。


ちーーーん。
003_convert_20120131230313.jpg

大切な黄エビちゃんが水槽のフタの上で
頼んでもいないのに乾燥エビになっておりました。


ついこの前も、部屋の掃除機をかけたとき、
思わぬところでエビちゃんがカリカリになって昇天しておりました。


あっけない別離がよくあります。


カリカリのエビちゃんも、それはそれで虫みたいで触るとシカシカするので
掃除機で吸いこむか、ティッシュでそーっとつまんで水槽に出棺。


さようなら。

合掌。


今日もシクリッドが狂喜乱舞で食べました。




いつもぽちっと応援ありがとうございます!
にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ
にほんブログ村

プロフィール

ちっぷ

Author:ちっぷ
さかなが触れないくせにさかなを飼い続けるおっさん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来てくれてありがとう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。