スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上・京・物・語

今年初の雪が、大雪になったあの日

僕たちは東京にいたね


こんな雪の中に、こんなにも観光客がいたことに驚いたよ

写真撮ってもらおうよ!

みんな中国人だったね



重たい雪が降りしきるこんな景色、はじめて

001_convert_20140216201041.jpg

凍えて、震えて、濡れて

この写真を撮るのが関の山だったね


なんだかご利益があるような気がして、身体中に擦り付けた煙

今でも服に染みついた線香の匂いが、懐かしいよ



もちろん、今回の旅のメインは中国人と国際交流することでもなかったよね

この目で見てみたかった、大都会のオアシス

011_convert_20140217204601.jpg

最初は張り切っていっぱい写真を撮ったよね



ほら、エントランスもこんなに洒落てるよ

012_convert_20140216201136.jpg

ぼんやりと蒼白く照らされたビジョンが迎えてくれた

入り口の時点でもう、自制はきかなかったよ



この先にいけば、夢の世界へ連れていってくれるの?

013_convert_20140216201204.jpg

小学生みたいに、思わず階段を駆け上がったね

階段の先に、なんだか緑が見えるだろう



これが、夢にまで見たネイチャーアクアリウム

テレビでしか見たことのなかった水の世界が、こんなにも雄大に僕たちを迎えてくれたね

023_convert_20140216202222.jpg

これなら作れそうな気がする

なんだかそんな気がしたのは何故だろう

寒くて、凍えて、気が大きくなっていたのかもしれないね


022_convert_20140216201259.jpg

異常な数のヤマトヌマエビ、苔むした絨毯、水になびく黒髭苔

ガラスに張り付いて凝視したことは野暮だったね

水族館は雰囲気を楽しむ場所だって、わかった気がする



ただの餌やりなのか、係員の独り言が続く、ショーもあったね

031_convert_20140217204340.jpg

芸をするわけでもなく、ただ餌をあげて海獣と戯れるだけの、見世物

最後まで、こ れ は 何 を し て い る の か

イライラしたね



僕たちの、上・京・物・語

吹雪の大都会で集まった、ささやかでハッピーなミーティング

すみだ水族館の呆気なさは、忘れないよ



そして帰ってきたころに届いた、オスカーの置き物

069_convert_20140216202536.jpg

思い出は永遠だよ

旅立ったあのオスカーのことも、僕たちの東京デイズも、忘れない



今にも泳ぎ出しそうなこの、狂気じみた作り込み

068_convert_20140216202501.jpg

夢に出てきそうだね

ありがとう




この物語は
「清流記」のセージさん(狂気の造形作者)
「ボンの海水魚ヨレヨレ日記」のボンさん(脅威の胃袋を持つ女)との
ベタベタ東京観光の様子を克明に記録したものです




おかえり!・・ぽち!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
今宵もご覧いただきありがとうございます
スポンサーサイト

神様のウォレットケース

時間が止まったかのように、しんと静まり返る

踏みしめる玉砂利の音さえ、冬の空に響き渡った

034_convert_20140101214615.jpg

わたしは静かに鳥居の前で、深く頭を下げた



2014年1月1日 丑三つ時



北島の親父の最後の雄姿を目に焼き付けたかった

ここに到着したのは深夜二時を過ぎていただだろうか



パチパチと音をたてて燃え続ける火に手招きをされた

歴史を刻んだ大木たちが燃えてゆく様を、愛おしむかのように眺めつづけた

023_convert_20140101214713.jpg

身体の前と後ろを交互に炙り続けながら

目の前で大きく立ち上る火柱を眺めた



それは、冬の花火のように

いつまでも舞い上がり続ける幾千の火の粉を、 
 大きく天を仰いで、見上げた

030_convert_20140101214901.jpg

寒いはずなのに、とても清々しい気持ちに思わず、深呼吸

冷たい空気と暖かな空気が同時に肺を満たす

なんとも心地いい気分でわたしは、咳きこんだ



ふと我に帰り、神様への感謝を伝えていなかったことに気付いた

竹筒からちょろちょろと流れる水で手を清め、新しいハンカチーフで手を拭いた

そして、静かに社殿の前にすすんだ

028_convert_20140101214807.jpg

500円玉は見なかったことにして、100円玉をそっと財布から取り出した

カラカララン

賽銭箱に優しく落とす

そして静かに、

手を、合わせる


「巨万の富が手に入りますように」



空が白々と明るくなるころ、民は集まりだした

初日の出に手を合わせる

素敵な日本の風習に、なんだか嬉しい気分になる

035_convert_20140101215124.jpg

日の出は見れなかった


うっすらと明けてゆく2014年の滲んだ空に向かって
再び、手を合わせた

「皆々様にも小銭が降り注ぎますように・・・」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・



深夜二時半から五時間、木を拾い集め、黙々とくべ続ける
そしてたまに大鍋をかきまわす、
 それはまるで地獄の門番のようでした

神に仕える仕事は時給0円の甘酒作り当番
田舎ならではの正月恒例の地域当番制

近所の担当おじいと他愛もない話に花を咲かせているうちに
売れない甘酒店は朝を迎えたのでした


新年あけましておめでとうございます



今年もどうぞよろしくお願い申し上げます・・・ぽち!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
罰が当たりませんように・・・



満天の星空に、口づけを

花びらは妖しくきらめいて

わたしの目の前に姿を現した


それは温かくて優しい、

秘密の花園

016_convert_20131207212414.jpg

かわいいよ・・・とっても

今日はわたしじゃないでしょ、もうあなたったら・・・



夜の帳がおりるころ

一輪の花は、咲き誇る華となり

ふたりを眩しく照らしはじめる



ほらごらん、星が輝いているよ

059_convert_20131207214254.jpg

なにかの道具かしら?・・・あなた



それは静かな夜に訪れた

満天の星空が輝きだす、煌きの夜会へ



あなたと、いっしょに

013_convert_20131207213727.jpg

思わず言葉を失った、星空

思わず言葉を失いそうになる、人混み


ゆっくり噛みしめながら、ふたり、歩いた



アソコまで行きましょう・・・・あなた

008_convert_20131207222256.jpg

川の向こうに教会が見える

わたしはふと、車の中に手袋を忘れたことに気がついた

手袋なんてひとつでいいわ・・・あなた


わたしが口に出す前に、おまえは言った

生身のカラダのほうがよっぽど温かいこと、

知ってるくせに・・・あなた

わたしは鼻の頭をこすって誤魔化した

004_convert_20131207213641.jpg

光っているだけで、なんてことのない教会の前で、わたしは祈った

今宵も素敵なオチが見つかりますように



でももしかして、物語にオチは必要ないのかもしれない

その先の、水面に映る吸い込まれそうな紅葉を見れば

048_convert_20131207214200.jpg

燃え上がるような紅い紅葉

所々まだ残る青い葉が、わたしの理性を思いとどまらせた



ふと、耳の傍で声がする

もう我慢できないわ・・・あなた

047_convert_20131207214110.jpg

メラメラと燃え尽くす紅葉は、おまえの心にも火をつけた


お楽しみはこれからだぜ・・・おまえ

そう言うのが精いっぱいだった



そして、クライマックスへ



開けた景色の先には

雄大な富士の山がわたしたちを迎えた

035_convert_20131207214007.jpg

天にむかってそそり立つ、大きな山

大袈裟で壮大な音楽とともに景色を変える、富士の山



あのてっぺんに登ろうか・・・おまえ

やだ、みんな見てるじゃない・・・あなた・・・

031_convert_20131207213923.jpg


わたしは夢を見ていたのだろうか

溢れる人ごみを押し退け

山の頂に辿りついた

そして



020_convert_20131207213803.jpg


重なり合った



すべてが夢の中だったのかもしれない

もしかして紅葉は、わたしの心の炎だったのだろうか



その証拠に、わたしたちはやけにカラダが冷えていた

一時間以上も寒空の下を歩けば当然かもしれない

最後に茶店が優しくわたしたちを、現実の世界に戻してくれた

宝物でも持つように大事そうに両手で椀を抱える、おまえ

小豆の粒が口の中で優しく転がり、ふわっと溶けた

055_convert_20131207214233.jpg

ぜんざいが一番美味しいぜ・・・おまえ

ぜんざいが一番美味しいわ・・・あなた



ふたりの声は見事な「食い意地」シンクロをみせた




華より団子♪・・・ぽち!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
今宵もご覧いただきありがとうございます

さよならサマー~完全顔出しスペシャル~


川を渡る風はすっかり秋の色でした

016_convert_20130829222421.jpg

田舎のスーパーで買った
980円の高級ワインで乾杯




森の匂いと川のせせらぎに誘われて

外で肉を焼いて食べる寄り合い

さよならサマースペシャル2013



美味しいワインに似合うのは、プリプリとした赤い大海老

005_convert_20130829222543.jpg

肉からいかないところがおじいお洒落



大人の男女は火起こしだって
 豪華に山Pの団扇で

004_convert_20130829222604.jpg

実際はココ壱の団扇であおぐ



醤油がぱちんと弾けて香ばしくて

海老はぷりんと弾けて、海老臭い

010_convert_20130829222519.jpg

食べるのに夢中で写真は海老のみという不覚



もう待ちきれない

この夏を締めくくる最大の乾杯を

067_convert_20130829222011.jpg

11人の男女の手が絡み合ういやらしいシーン



海老臭い海老、焼き過ぎる肉、残すエリンギ、持ち変えるキムチ

結局飽きて近くのコンビニにアイスを買いに行く

心もお腹も満たされた男と女




火照ったカラダを冷たく癒すせせらぎへ降り立つ

キャ~!とっても冷たいわ♪

042_convert_20130829222357.jpg

楽しそうな光景が目の前に広がっている



もっと冷たくしてやろうか

047_convert_20130829222047.jpg

このあとパニックにおとしいれたことは言うまでもない



一日たっぷり遊んだ

川を渡る風が涼しいのがちょっぴり寂しい

そんな夏の終わりの一日

さよならバーベキュー

049_convert_20130829222139.jpg

また来月!

外で海老を焼いて食べる寄り合いは、が本番である



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



だって夏だもの

もったいぶる必要なんてないのに

誰も「見たい」なんて聞いたことないのに

出しそびれて、早1年と8カ月

完全顔出しスペシャル

ハイ!ポーズ!

CA65WH02_convert_20130829221800.jpg

集合写真で誤魔化す




海老に免じて
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
今日もご覧いただきありがとうございます

LOVE LOVE Summer

マイアミの午前10時

ヤシの木が迎えてくれる常夏の楽園へ

010_convert_20130816222408.jpg

おじいとおばあ、プールに行く!の巻


突如思い立ち、盆休みで混雑するプールへ
ここにくるのは10年ぶりか

あの頃キミは若かった



サーフボードを浮き輪に持ち変え
男は背中でなにを語る

013_convert_20130816222346.jpg

「イイ波、キテるぜ・・・」

遠い目をして沖合を眺める初老の海オトコ



女は海老ぞりで飛び上がって興奮する

014_convert_20130816222327.jpg

「こうすれば若く見えるかしら?」

熟女最大の粘り



リゾート気分を味わいたくて
ここに来た

マイアミのつもりだった

018_convert_20130816222307.jpg

現実は中国のプールのような混雑ぶり


ハダカの男女が入り乱れる灼熱の楽園

022_convert_20130816222241.jpg

波に流されるはずが、人に流された



暑さと混雑でやられたおじいとおばあは早々に休憩をすることにした

017_convert_20130816223441.jpg

くぅぅぅぅぅぅ~~!!

ウマくないわけがない

海風の渡るテラスで高額なビールとカレーを食し、
10年ぶりのプールを満喫した



長い休憩をとったあと、あるところに行ってみることにした


「温泉プールがあるそうじゃないか」


「イッてみましょ! 疲れがとれそうだわ♪」



021_convert_20130816222101.jpg

完全なる中国だった

水の色って大事である

茶色い温泉と混雑ぶりを見て・・・プールに戻った



年甲斐も無く10年ぶりのプールを満喫した

やっぱり夏って最高

男と女を開放的にするシーズンだった



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



最後に・・・

今回の旅の思い出に
わたしも負けじと若々しいショットを撮ってもらうことにした


「1,2,3!でシャッターやで!」

そう指示をしてジャンプ!!

016_convert_20130817153334.jpg

腰が超が付くほど引けている!

浮き輪キャッチゲームではない
浮き輪をもって派手に飛んだつもりだった


写真を見て愕然とする悲しきサマー

歳には勝てないことがよ~くわかった



~残暑お見舞い申し上げます~




本日もご覧いただきありがとうございます♪
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
ぽちっと♪
プロフィール

ちっぷ

Author:ちっぷ
さかなが触れないくせにさかなを飼い続けるおっさん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来てくれてありがとう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。